N-moca : Life Diary

Everything should gonna be okay because YOU ARE ALIVE

これだけは言っておきたいこと

人は誰しも人から影響を受けるものだし、自分の言動が誰かにネガティブな影響を与えることもある。できればポジティブな影響を与えたいものだけどそれを狙うほどに外すものでもあったり。

私も当然人からネガティブポジティブともに影響を受けるし、発信しているからには何らかの影響をわずかでも与えていると思っている。

でも影響を受けてから先はその人自身の問題なのだということ。

仮に誰かの言動が原因で傷ついたり前に進めなくなったり落ち込んだりしても、それはその人自身が自分を見つめ直し、そこで傷つく自分が問題なのか、それとも傷ついて当然なのか、そういう自分をどう受け入れて何に気をつけここからどうやったら立ち直れるのか、そういうことを問いかけられているに過ぎないのだということ。

だから私も誰かの言動で傷ついたり、誰かを傷つけたりしても、少なくとも私の場合は悪気があってしていることではないからそのことにこだわらないようにしている。

傷つけてしまう自分を受け入れる、ということもまた必要なことだったりする。もちろん、できるだけ避けるべきではあるけど。


それともう一つ。

来る8月12日、太陽の居場所獅子座の真正面、水瓶座に月が来る満月の日。(そう、日航機墜落事故の日)

赤い線が多いほどエネルギーが激しいことを意味する。あらゆる意味での衝突、衝撃。

私のホロスコープにある葛藤のアスペクト(五味さんにもある)がある。二等辺三角形の赤い線。
天王星を頂点として太陽と土星、そこに月も参戦、火星は天王星を軽く焚き付けている感じ、すぐそばで金星と冥王星もケンカ。

何が起きるかはわからない。たとえば自分が乗ってる飛行機が墜落したりとかはもうほんとうにどうしようも気のつけようってものがないけれど、誰かの煽りに乗ってしまうとかはまだ防ぎようがあるうちに入るので、要注意。疑心暗鬼になるのも逆効果かもしれないけどな。。そんで起きた結果は起きた結果として受け入れるしかないんやけど。

Astrodienstから毎月来るメールではこんな文章になっている。

この時期のクライマックス。
時の流れのエネルギーはパンパンに満たされ、激しさに満ち、挑戦的なにおいすら感じさせます。
この創造的な可能性を秘めたエネルギーは、勇気と英断により、すべてを解き放つ原動力として有効活用することも可能です。
全体的な「新しい誕生までの過程」の重要なひとつひとつのステップが現在進んでいますが、本当の生命の誕生と同じように、今できることは前に進むことだけです。
夜明けをじっと待つ間は、余計な手出しをせずに歩みを止めずに行くことが必要であり、これはものごとの進む流れにすべてを任せることでもあります。

激しいエネルギーを良き追い風として活用できますように。

[Posted at 10:30]